今日は女子力高い風を装ってみるの巻。
普段、リラックスしたい時や、来客の時はお香を焚いたりする。

でもアロマはちょっと自分にはしんどい。

基本、食材やお酒の香りに敏感でいたいから、日常生活では無臭を心がけている。

ワインの世界で、香水はタブー。整髪料やシャンプーの香りでさえ敬遠していた。

まだ天然由来のオヤジ臭の方がマシ(笑)


そんな感じだったけど、生活も変わり、おまけに夏だし、ちょっと香りに興味を持ってみた。

これ、普通の女子なら皆知ってるのかな?
shiroの練り香水 サボン。

image


きっと誰もが好きなお風呂上がりの香りで、2千円しないし、プレゼントにもいい。他にもマンダリンオレンジのトワレも買っちゃった。

shiroの香水、全体的に香りが優しくて、と言ってチープな浮いた香りではなく、日本人に肌なじみが良さそうに感じたので。

でも、もう少し大人っぽいのが好みではあるけど。コンセプトは女豹なので。

ヒョウ柄着たおばちゃんて意味じゃないからね(笑)

追記:ナチュラル系の香水いろいろあるみたい。もっと研究してみよっと!

image



あとね、界面活性剤が含まれているボディソープから、無添加の「シャボン玉 浴用石けん」に変えて、肌の乾燥が和らぎ、なんか調子が良くなった。

合成洗剤は肌に残留するらしいから、肌にトラブルある人には石鹸がオススメ。

ちなみに界面活性剤を一番多く含むと言われるのが一般的な洗濯用洗剤。

だからこれも無添加の「シャボン玉 スノール」を愛用してるんだけど、ウールも洗えて、柔軟剤なしでもフワフワに仕上がる。

柔軟剤の匂いがまず苦手なので本当に助かる。

シャボン玉シリーズ
https://www.shabon.com/products/

それでまた検索してみたら、巷には手作り石鹸の教室が沢山あるんだね!

なんばパークス「生活の木」体験講座だけでもこんなに。

image


ちょっと行ってみようかなぁ。

アヤシイ方向に行きそうで怖いけど(笑)