昨日晴れマークだったから張り切って撮りに行ったのに、やっぱり曇り空(/_;) 今年はダメだ。

あぁ、折角の桜の色が白くぼやけて、曇り空と同化して…

そんな人間の都合など知らないよと、桜は誇らしげに咲いていた。

何百年と人々が見てきたであろう、年に一度の晴れ姿。

まずは上賀茂神社から。

image


巨木の御所桜が満開で、それはもう見事だった。

image


image


斎王桜は五分咲き。人がこんなに小さい。

image


image


さてお次はどこにしよう。

行きたい所がありすぎて、直前まで悩んでたんだけど、向かったのは「平野神社」。

image


794年 桓武天皇が平安遷都にあたり、平城京の田村後宮に祀られていた三神を移したのが始まりと言われている。

image


魁(さきがけ)という早咲きの桜で、これが咲くと都の花見が始まるとされてきたそう。

image


境内には60品種、400本の桜が植えられて、見応えありすぎ。

image


image


ん?何か始まるの?

image


なんとラッキーなことに「桜花祭」が始まるところだった!

image


時代行列がここから街を練り歩くらしい。

image


それしても平野神社は桜の楽園だ。

image


女性カメラマンの多いこと。

image


花見茶屋もいっぱい出てて、外人が興奮して声を荒げてた。無理もなかろう。

image


寒くてひとまず撤収。またどこか撮りに行きたいけど晴れてくれよ。